「Xperia 1」 唯一の短所はバッテリー性能か、それでもiPhone XSと同等の持続時間

スポンサーリンク

こんにちはスマホライターのテックボーイです。

「Xperia 1」はトリプルレンズカメラを搭載することでシーンに応じて様々な写真を撮ることが出来るようになりカメラ性能も大幅に向上したとみられています。詳細はXperia 1とS10+ P30 Proとのカメラ比較が公開!!Xperia 1はズーム撮影でも大健闘!をご覧ください。

また「Xperia 1」は現在「価格.com」のスマートフォン人気ランキングにおいてdocomo・au・Softbank全てのキャリアで人気一位となっており、ここ数年の「Xperia」と比べ非常に注目を集めていると断定することが出来ます。

この件に関しては【快挙】Xperia 1 全キャリアで人気ランキング1位に をご覧ください。

 

さて、そんな「Xperia 1」ですがバッテリーの持続時間に関して気になる情報が入ってのでお伝えいたします。

スポンサーリンク

Xperia 1 バッテリー持続時間はまずまずみたい

スマートフォンやパソコンなどのレビューを行う海外メディア「Expert review」によると、「Xperia 1」はライバル機種と比べ大きくバッテリーの持続時間が短いことが判明しました。

「Xperia 1」のバッテリー持続時間は比較対象の四機種の中で最も短く749分、12時間29分程、最も持続時間が長い「P30 Pro」は1282分なので、大きな差があることがわかります。

ですが、この調査方法は動画を流し続けてバッテリーの持続時間を調査したとのことなので、4Kに対応した6,5インチのディスプレイをもつ「Xperia 1」にとって不利な調査方法とも言えます。

 

それを考慮するとむしろ健闘したとも言えそうです、というのも「iPhone XS」と持続時間に違いは僅か16分しかないからです。

 

「Xperia 1」は大型・高解像度のディスプレイにも関わらず、バッテリー容量が「3,300mAh」とそこまで多くないので持続時間に心配の声が上がっていましたが、極端に心配する必要はなさそうですね。

 

カメラ性能やディスプレイに関してはライバル機種と肩を並べる程優れてる「Xperia 1」ですが、唯一改善点があるとしたら「バッテリー」についてでしょうか。

この点は次期モデルの「Xperia 2」で改善されていることを期待しましょう。

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい