「androidの実態」として投稿されたツイートが物議を醸す  

スポンサーリンク

こんにちはITライターのテックボーイです。

android端末と言っても千差万別、5000円のエントリーモデルから20万を超えるような高級ブランドとコラボした商品まで世界にはあります。

そのため性能にも違いがあり、ハイエンド端末ではiPhoneと同等の処理性をもったものも多くあります。

中にはAnTuTuと呼ばれるベンチマーク(処理性能の指標)でiPhoneを上回る端末も沢山ある訳です。

android端末を一色たに語ることはつまりできないということです。

では、今回どういったツイートが物議を醸すこととなったのでしょうか。

見ていきましょう。

当該動画付きツイートは投稿24時間以内に580リツイート 1800いいね 3.5万人が視聴 寄せられたリプライは200以上に

https://twitter.com/Arisa__chomama/status/1121760200413700097

「android端末の実態」として、投稿されたこのツイートが議論を呼ぶことになったのはなぜでしょうか。

このツイートで伝えたかったことは「android端末ではゲームプレイ中処理が追い付かずラグが発生しプレイングに支障がでるということや、音ズレが発生してしまい辛い」ということのようです。

これに対し、案の定「androidを一色たに語るな」「使っているandroid端末が悪い」といったリプライが多く飛び交うこととなりました。

当該ツイートに問題があるとするならば、「android端末の実態 」としてandroid端末全体を指してしまったことでしょう。

このツイートを見た人が「すべてのandroid端末ではゲームプレイに支障があるのかと、思うかもしれません」

つまり誤解を招く可能性があるということです。

実態とは何なのか

例えば「iPhone5」を使ってこれがiPhone(ios)の実態(処理が間に合わない)と言えば、それは実態ではないでしょう。

なぜなら発売から相当経っており「iPhone5」で処理が間に合わないことは当然で実態は異なるからです。

ややこしくなりましたが、実態は(現在一般に使われているスマートフォンでは処理が間に合う)訳です。

では、当該ツイートをツイートした方の場合はどうでしょうか。

リプライ欄を見ているとツイートをした方の使っていた端末はエントリークラス(処理性能の低いモデル)でした。

android端末の場合冒頭に述べたように多種多様なものがあります。

にもかかわらず、自分の使っている端末を以てandroid端末をひとくちに、おしなべて語ることはできるのでしょうか。

 

敢えて明確な見解は記しませんが、この件の他にもandroid端末は「○○だ」と全般化され語られることが往々にしてあり、その度にandroid端末に関する誤った認識が広がってしまうのが残念なことですね。

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい