自称スマホライター、スマホ好きな私がAQUOS R3をオススメする3つの理由

スポンサーリンク

こんにちはスマホライターのテックボーイです。先日大手キャリア三社が夏商戦に向けたスマートフォンを発表しました、中でも4K・HDRの動画再生に対応しトリプルレンズカメラを搭載した、「Xperia 1」が最も注目を集めていたと思います。

「Xperia 1」に関しては当ブログでも度々取り上げ、また他メディアでも多く紹介されているので今回は敢えてそこまで注目のされていないSHARPのフラッグシップスマーフォン「AQUOS R3」について記していきたいと思います。

「AQUOS R3」は実は他のスマホにはない特徴を持つ凄いスマホなんです。

スポンサーリンク

まずは「AQUOS R3」のスペックから

サイズ/質量 約156mm×約74mm×約8.9mm/約185g
OS Android™ 9 Pie
CPU Snapdragon 855 2.8GHz+1.7GHz オクタコア*1
内蔵メモリ RAM 6GB、ROM 128GB
ディスプレイ 約6.2インチQuad HD+(3,120×1,440ドット)
Pro IGZOディスプレイ
アウトカメラ
【静止画用カメラ】
有効画素数 約1,220万画素 CMOS 裏面照射積層型
大型ピクセルセンサー
F値1.7レンズ[広角78°焦点距離26mm*2相当]
ハイスピードAF(全面位相差)
光学式手ブレ補正
新画質エンジンProPix2(被写体ブレ補正)
アウトカメラ
【動画用カメラ】
有効画素数 約2,010万画素 CMOS 裏面照射積層型
F値2.4レンズ[超広角125°焦点距離18㎜*2相当]
ディープフォーカス
電子式手ブレ補正
AIライブシャッター
AIライブストーリー
インカメラ 有効画素数 約1630万画素 CMOS裏面照射積層型
F値2.0レンズ[広角80°焦点距離25mm*2相当]
AQUOS beauty
Wi-Fi® IEEE802.11a/b/g/n/ac
Bluetooth® Ver.5.0
バッテリー容量 3,200mAh(内蔵電池)
充電 ワイヤレス充電(Qi規格準拠、11W)
生体認証 顔認証、指紋認証

SHARP製品HPより引用。https://jp.sharp/k-tai/aquos-r3/spec.html

おすすめ理由1 AQUOS  R3の充実したスペックに沢山の便利機能 夜景にも強いカメラ

「AQUOS  R3」は充実したスペックに沢山の便利機能そして夜景にも強いカメラを搭載しています。

スペック表からわかる通り「AQUOS R3」は最新ハイエンドチップセットSnapdragon 855を搭載している上にRAMが6GB、ROMは128GBもあります。

そのため、スマホでゲームなどをするヘビーユーザーやにもおすすめできますし、アプリを沢山入れたり、写真を沢山撮る人でもまず保存容量には困ることがないでしょう。

加えて外部メモリ(SDカード)を利用し端末以外にもデータを保存することもできます。

スポンサーリンク

AQUOS R3の嬉しい便利機能 防水、おサイフケータイ、フルセグ、ワイヤレス充電全部対応

また防水、防塵に対応しており、おサイフケータイ、ワイヤレス充電にも対応しています。

またワンセグ、フルセグの視聴も可能となっています、災害時などにもテレビを見れるのはいざというときに有り難い機能でしょう。

災害時などのいざという時にテレビを見れるのは有難いです。

ここまで複数の機能に対応しているスマホは地味に珍しいです、なにかと重宝することがあるでしょう。

更にはアウトカメラに二つのレンズを搭載し、写真撮影ではF値1.7のレンズによって暗いところでも明るい写真を撮ることが出来ます。

AQUOS R3で撮影された写真 HPより

この写真は実際にAQUOS R3で撮影された写真ということですが、ネオンがディテールまで綺麗に写すことができていますね。

以上が私のおすすめする一つ目の理由でしたが、二つ目の理由もR3をおすすめする相当強い理由です。

スポンサーリンク

おすすめ理由2 10億色を映し出すSHARP独自の「Pro IGZOディスプレイ」がとにかくすごい‼

SHARPと言えば、ディスプレイの評価にも定評があります。

「AQUOS R3」のディスプレイは6.2インチQuad HD+(3,120×1,440ドット)
Pro IGZOディスプレイ。

SHARP独自の「Pro IGZO」ディスプレイを搭載することで

表現力・明るさと省エネ・操作性が他のスマートフォンと比べ非常に優れています。

10億色のHDRコンテンツをそのまま表示することができるだけではなく、前モデルの「AQUOS R2」と比べ画面輝度が約2倍になり明るい室外でもくっきり見やすくなりました。また電力効率も10%UPしたとのことです。

 

中でも特に「Pro IGZO」ディスプレイの優れているところは

「120Hz」表示に対応しているところです、ここまでハイスピードの表示ができるディスプレイは非常に珍しいです。

通常のスマートフォンは「60Hz」ですので、二倍滑らかに表示することができます。

この違いは「検索時のブラウジング」「ツイッター」などでスクロールする際などに顕著に表れるでしょう、速いスクロールでもしっかりと表示することができるということです。

他にはない大きな魅力ですね。

スポンサーリンク

おすすめ理由3  AQUOS R3の洗練されたデザイン

近年「AQUOS R」シリーズの特徴と言えば「ダブルノッチ」でしょう。画面の上下には切り欠き(ノッチ)があります。

ノッチ上部はカメラが下部には指紋認証機能などがあります。

カラーは購入キャリアによって異なるようですが、個人的にはドコモなどから発売されている「ラグジュアリーレッド」がお気に入りです。

docomoから発売されるカラーは写真左からラグジュアリーレッド、プラチナホワイト、プレミアムブラックの三色。シンプルなデザインですがその色合いアからは上品さも感じます。

 

「嗚呼、美しい…」このダブルノッチは好き嫌いが分れるようですが、個人的には指紋認証機能もあり利便性の向上につながるものだと思っています。

 

いかがだったでしょうか、このデザインに最新のハイスペックCPU、10億色を映し出す超高精細ディスプレイ、、、「AQUOS R3」は「SHARP」史上最高の出来だと言っていいでしょう。

価格はキャリアによって多少異なりますが、10万円前後となっています。

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい