Xperia 1カメラレビューが公開、一眼レフのαチームとの協力によって過去最高の出来に

スポンサーリンク

こんにちは、ITライターのテックボーイです。

さて、先程もTech Spurt氏によるXperia 1とGalaxy S10+の比較動画が公開!を公開したばかりですが、Tech Spurt氏は他にも「Xperia 1」のカメラレビューの動画を投稿していました。

「Xperia 1」のカメラ言えば、Xperia史上初となる望遠、広角、超広角の三つのトリプルレンズカメラを搭載したスマートフォンです。

前モデルの「Xperia XZ3」まではシングルカメラを搭載しており【Xperia XZ3】シングルカメラの限界を露呈「iPhone6」と同程度の評価 「XZ Premium」以下の79点にてまとめた通り、カメラ評価に定評のあるDXOMARKなどからは散々な評価を受けていました。

そのため、「Xperia 1」でカメラ性能を改善させることはXperiaのシェアを回復するためにも必要不可欠な事であると言えるでしょう。

「Xperia 1」のカメラ性能や基本的なスペックに関しては【Xperia 1】もはや時代遅れとは言わせない。世界初4K有機EL搭載 にてまとめてありますので、是非ご参照ください。

「Xperia 1」は「SONY」の一眼レフ等を手掛けるアルファチームと協力して作った初めてのスマートフォンでもあります。

では、そろそろ気になる「Xperia 1」のカメラ性能を実際に撮影された写真も用いてみていきましょう。

スポンサーリンク

Xperia 1はノイズリダクションにも優れており、夜景もはっきりと写っている

一枚目はガソリンスタンドを撮った写真でしょうか。

写真奥のガソリンスタンドのネオンまではっきりと捉えることが出来ていますね。

 

 

二枚目の西洋風の城のような建物を撮った写真を見たときには圧倒されました。

背景の空を見る限り日は完全に暮れた夜に撮った写真であることが窺えますが、ノイズが少なく細部まで綺麗に写っています。

 

こちらは三枚目の写真を拡大したもの。↓

いやー素晴らしいノイズリダクションです、また電球部分に注目するとボケることなくしっかりと撮影することができていることがわかりますね。

これらのノイズリダクションには「Xperia 1」に初めて搭載されたαのエンジンであるBIONZを利用した「BIONZ X for mobile」が大きく貢献していることでしょう。

「SONY」の非常に高度なカメラ技術がスマホに活かされています。

Xperia 1で日中撮影した写真

続いては日中撮影された写真です。こちらの植物は日本であまり見かけないので、色味などに関して言及することは避けておきます。

日中に撮影された写真に関して関しても素人目でも綺麗に写っていると思います。

  

次は、光学2倍の望遠カメラで撮った写真です。

望遠と言えばP30 Proでしたが、「Xperia 1」でも一般的な撮影で必要になる範囲の望遠は十分可能でしょう。

いかがだったでしょうか、「Xperia 1」のカメラは非常に大きく向上したことがこれだけの写真からでもわかると思います。

特に夜景撮影では、「αチーム」と協力した成果が既に写真に表れています。

今回は触れませんでしたが、動画撮影においても「Xperia 1」は非常に長けていると言います。「Xperia 1」のカメラは過去最高の出来と言っても過言ではないでしょう。

赤字に苦しむモバイル事業の再起をかけた「Xperia 1」からは世界に名を馳せた「SONY」の実力を垣間見ることが出来ます。

 

引用:https://www.youtube.com/watch?v=TKRn5bUh5jI

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい