【オーロラも撮れる】最早一眼レフ並のHuawei P30 Proの世界一のカメラ性能50倍ズーム 40万を超えるISO

スポンサーリンク

こんにちは、テックボーイです。昨夜P30、P30 Proが発表されましたね。

特に注目を集めたのはP30 Proでしょう。昨日は速報形式で簡易的なスペックやカメラ性能に触れましたが、本日はP30 Proのカメラスペックをより詳細に記事にしたいと思います。

というのも、P30 Proはクアッド(4つの)カメラを搭載することになったのですが、他社製品を圧倒するほどの超高性能な内容となっているのです。

スポンサーリンク

P30 Proのクアッドカメラの構成

背面カメラはレイカ製クアッドカメラ、クアッドカメラの構成はそれぞれ
4000万画素の広角レンズ F値1.6 

2000万画素超広角レンズ F値2.2

800万画素望遠レンズ    F値3.4

Time-of-Flight(TOF)通称TOFレンズと呼ばれる800万画素 F値3.4

の合計四つとなっています。 TOFを採用することで、被写体の深度を分析し、背景をより上手にぼかすことができるようになりました。

スマホのカメラでは最大のISO感度40万搭載

ISOについて簡単に説明するとISOの数値が大きいほど暗いところでも撮影できるようになります。

ISO感度が高いと夜景などをはっきりと撮影することができるようになり、先日のプレスカンファレンスでは競合他社製品のiPhone XS MaxやGalaxy S10 Plusとの暗いところでの写真撮影の比較を行っていました。

写真を見るとHuawei P30 Proがどれほど光の少ないところでの撮影に適しているのかよくわかりますね。

 

左から順にiPhone XS MAX Galaxy S10 Plus P30 Proとなっています

オーロラもこのようにきれいに撮れてしまいます。従来のスマートフォンではオーロラどころか星一つ撮るのも難しいと言われていたので、P30 Proのカメラ性能には驚きを隠せません。

いかがだったでしょうか、P30 Proのカメラはリーク情報を超える素晴らしいものになりましたね。今後もHuawei製品やandroid端末に関する記事を作成していくので、宜しければブックマークやツイッターのフォローをお願い致します。

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい