2021年9月19日

Tech boy blogs

スマホや関連デバイスの最新情報をお届け

巷で話題の激安イヤホンを試す・Lenovo LP2レビュー

1 min read

激安のイヤホンって実際どうなんだろう?と気になっていたので、今回は1500円くらいで販売されているBluetoothイヤホン Lenovo LP2を海外通販Gearbestに提供してもらいました。本製品は筆者の周りでも購入している人がおり、以前から気になっていました。

Lenovo LP2の購入はこちらから

基本的なスペック

モデル名Lenovo LP2
Bluetoothバージョン5.0
通信距離8^10cm
ドライバーユニットφ10mm
コーデックSBC/AAC
ケースバッテリー容量300mAh イヤホン本体は30mAh
連続使用20時間(ケース使用時)
充電端子タイプC
ノイズ抑制CVC/ENCノイズリダクション
防水防水対応IPX5

デザイン

本体デザインはAirPodsスタイル。ケース上部が開きイヤホンを取り出せます。ただ、少し取り出しにくいのが難点です。

イヤホンケースのバッテリー容量は300mAh。少ないバッテリー容量ですが、その分ケースは小型です。縦横4、5cmほど。小型ゆえに携帯性も良いです。スマホ(Zero2)と比較するとこの通り。

ケース底にはタイプCポートを搭載。安価なイヤホンでは、未だにMicro-USBポートを備えているものが多く、この点はかなり評価できます。底部は無駄にクールなデザインです

イヤホン本体はプラスチック製。

Lenovoのロゴが入っており中々かっこ良く感じます。

スポンサーリンク

音質

筆者が使った事のあるイヤホンはAirPodsやWF-1000X、JBL Freeなど、どれも定価1万円を超えているもの。エントリークラスのイヤホンの性能がかなり気になっていました。

LP2を半月ほど使用していて気になったのは低音の音質。密閉型じゃないこの手のイヤホンは低音が抜けてしまうことがあるのですが、どうやら元々低音が弱いようです。

重低音は正直なところあまり聞こえません。一方で、高音・中低音は予想に反してクリアに聞こえます。低音があまり聞こえない分、中低音が目立つため、スマホだけでは聞こえなかった音も聞こえました。何か新しい発見をした気分です。ただし、低音が弱いため、全体的に迫力が無いです。

スポンサーリンク

購入して良いか?

安いイヤホンですが高音がシャリシャリと聞こえることもありません。総評としては、中低音・高音は十分、低音は不十分。1000円台で購入できることを踏まえると、十分な性能ではあります。

イヤホンに特段こだわりの無い方や中高生など、少ない予算で無線イヤホンを探している方は購入を検討しても良いでしょう。

前述していますが、Lenovo LP2がタイプCポートを備えているのは評価できます。同価格帯のイヤホンはMicro-USBポートのものばかり。スマホの充電ポートがタイプCなら、揃えたいところですよね。ちなみに、本製品を購入するとタイプC充電器と中国語の説明書が同梱されてきます。

その他、防水規格はIPX5と比較的高い防水性能を備えているのもうれしいところです。

スポンサーリンク

音質(マイク)

本製品の商品ページを読んでいると、通話時に外部の音を取り込まないようにして、ノイズも抑制できるとのこと。

ということで、先ずはイヤホンを利用して通話時のマイク性能テストしました。

結論から記すと、問題なく通話できるほどのマイク性能ですが、あまりクリアな音声ではなく、マイク性能は微妙ですね。価格相応といったところでした。

スポンサーリンク

価格・購入先

本製品は、海外通販サイトGearbestで、$13.99、日本円で1500円程度で購入することができます。

下記画像をクリックすることで商品ページにアクセスできます。