【リーク】徹底的な差別化!5G対応Snapdragon 865搭載「Xperia 3」が2020年に発売か、端末中央はへこんだデザインに

スポンサーリンク

2020年複数の端末を展開すると言われているSONYですが、既にファームウェア上の情報からSnapdragon 665を搭載するミッドレンジ帯の「Xperia」が発売されるということが判明しています。

関連:Snapdragon 665搭載ミッドレンジ帯のXperiaの存在が判明 分離プラン導入後のSONYはどう出るか

さて、そうなるとハイエンドモデル・フラッグシップモデルはどうなるのかとという話ですが、中国サイト「CNMO」が次期フラッグシップ級の「Xperia」に関するリーク情報を公開していました。

次期Xperia、Xperia 3(仮)は中央がくぼんたデザインに

同サイトが公開したレンダリング画像を見ると、端末の本体中央部分が少しくぼんでいることが確認できます。

端末の右側には指紋認証センサーがあり、カメラ部分は少しでっぱりがあり、複数のカメラを搭載しているように見えます。

他にリークした画像を見ると同端末は「Xperia 1」、「Xperia 5」と同様に映画撮影に特化した「Cinema Pro」に対応していることがわかります。

一方で、ディスプレイ部分は「Xperia 1」、「Xperia 5」と同じようなフラットなディスプレイのようです。また、このリークした端末の名称に関しては海外有名リーカー「Zackbucks」氏が「近いうちにXperia 3が発表される」と言及していることから名称は「Xperia 3」であると言う可能性が高いと言えそうです。

仮にこのリークしている端末の「Xperia」の名称が「Xperia 3」であれば判明しているSONYの命名規則から同端末はフラッグシップ級の端末であると推定できます。

というのも基本的にこれまで展開されている「Xperia」は数字が少なくなるにつれて高性能な端末になっているからです。

 

そうなると「Xperia 1」「Xperia 5」の中間にあたる同端末は「Cinema Pro」を搭載していることからもフラッグシップ級の端末になり、少なくとも標準+超広角+望遠のトリプルカメラを搭載することになるのではないでしょうか。

また、フラッグシップ級の端末になるということや発売されるであろう時期から「Xperia 3」は5Gに対応した「Snapdragon 865」を搭載することになりそうです。

「Snapdragon 865」は「Snapdragon 855」と比較しGPU性能が15%程改善されたパワフルなチップになると言われています。

競合製品とは十分差別化できているが

近年発売された「Xperia」はいずれも、アスペクト比21:9の縦長ディスプレイを搭載していることからライバル機種とは十分に差別化を図ることが出来ています。

加えて、「Xperia 3」は既に発売されている「Xperia 1」や「Xperia 5」を比べて筐体(きょうたい)中央部がへこんでいることから一層差別化を遂げた端末と言えるでしょう。

それでもカメラ部分ではライバル機種製品と比べると物足りなさも感じるのでこの点でも「ToF」カメラを搭載することなどで、さらなる改善がされていると良いですね。

リークしているレンダリング画像の荒さからも若干この情報の信憑性が気になるところではありますが、いずれにしてもSONYは2020年の2月にも新製品を発表するとみられています。

続報に期待しましょう。

また、ブログ下部から最新記事をお伝えする「LINE公式アカウント」も追加できるのでよろしければ追加もお願いします!

スポンサーリンク

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい