【リーク】次期Xperiaは上部極小ベゼルでパンチホールディスプレイを搭載か、新たに出願した特許から判明

どうも、テックボーイです。次期Xperiaに関するリーク情報が入ってきたので、お伝えしたいと思います。リークといっても今回の情報は、「WIPO」という特許機関にソニーが申請したものをベースにしたものです。

まずは、そのソニーが新たに出願した特許に関する情報を見てみましょう。

次期Xperia は上部ベゼルが極小に?

上記掲載画像は、「WIPO」上にSONYが出願したとされるもの。

 

画像を見ると、ディスプレイ上部のベゼルは非常に狭くなっており、また、上部左上と右上にのみバッテリー残量や時刻といったステータスの表示があることがわかります。

このことから、ディスプレイの上部の中心にパンチポールカメラを搭載する可能性が高いと海外メディアLETSGODIGITALは指摘しています。

画像は同サイトが特許情報をもとに作成したレンダリング画像。

一方で、ソニーは近年動画視聴時の見やすさを意識したディスプレイデザインを行っています。「動画視聴時の没入感を高めるために、ディスプレイ上にノッチを用いるのを避けてきた」メーカーがパンチホールディスプレイを搭載するのか疑問にも思うところです。

ちなみに、ソニーの次期XperiaはSnapdragon 865を搭載した5Gスマホになり、来年2020年2月に行われるMWC2020にて正式発表される見通しです。

他のリーク情報としては、6眼カメラでディスプレイはQHD+、メモリは最大12GB搭載するというものもあります。

今後も当ブログではリーク情報を扱っていくので、ブックマークやツイッターのフォローなどもお願いします。

また、YouTube投稿にも力を入れ始めたので、ぜひ登録をお願いします。

Tech boy

スマホの「魅力」をお伝えしていきたいです。 独自性に富んだレビューをいち早く作成していきます!他の記事もぜひ読んでみてください!「LINE」アカウントも出来ました!是非追加お願いします!

あわせて読みたい